カンジダは性病?抗生物質で治るのか調べてみた!

カンジダは性病?

カンジダは性病?

性器カンジダは、カンジダ症の一種で、症状が性器に現れたものです。男女ともに感染しますが、女性の方が非常に多い病気です。性器カンジダは、性行為でもなる病気です。しかし、ほかの性病とは少し異なり、性行為以外の理由の方が感染しやすいです。カンジダ菌は、元から自分の体内にいるのですが、免疫力が低下することで症状が引き起こされます。そのため主に、体調不良やストレス・月経前・抗生物質の服用などが原因とされています。

カンジダ治療の特効薬ならくすりぴあ

カンジダは抗生物質で治療できる?

カンジダは抗生物質で治療できる?

カンジダの治療には、抗生物質が用いられることがあります。そのため、治療できるかといえばできるというのが答えです。内服薬とクリーム状の塗るタイプがあります。カンジダ治療に用いられる抗生物質の成分は、クロトリマゾール、フラコナゾールです。これらは副作用の恐れもありますので、病院で診察を受けたうえで、処方箋を出してもらって購入するのが安全です。個人輸入代行業者を使って購入もできますが、自己責任になります。

カンジダ治療薬を個人輸入代行で買うならお薬Box

カンジダの症状

カンジダの症状

カンジダの症状は、おりものの臭いの変化に大きな特徴があり、生臭い魚のような臭いが生じるといわれています。主な症状は、陰部のかゆみとおりものの異常で、特におりものは酒粕やチーズのようなボロボロした状態になり、色は白や黄色になりといわれています。また、陰部の炎症が強い場合は、おりものの変化やかゆみだけではなく、ヒリヒリとした痛みを伴う場合もあるといわれています。このようなカンジダ症の症状がある場合は、自然治癒しない場合が多く、医療機関を受診する必要があるといわれています。

効果のあるカンジダ薬通販は市販薬よりも個人輸入がおすすめ

カンジダは自然治癒する?

カンジダは自然治癒する?

性器カンジダは症状の軽い初期の段階であれば放置しておいても自然治癒するケースが多いです。しかしながら、疲れやホルモンバランスの関係で、免疫力が低下している時に再発するケースも少なからずあります。なお、妊娠中にも発症ししやすいと言われているため、膣カンジダには’注意しながら生活しなければいけません。ストレスや睡眠も関係しているため、発症しないためには、生活の見直しをする必要があります。また、デリケートゾーンを清潔に保つようにする事も大事です。

カンジタの治療方法や薬についてはこちらをご覧下さい。

カンジダは再発するもの?

カンジダは再発するもの?

女性がかかる病気として多いものの一つが「カンジダ」です。カンジダは膣の中のカンジダ菌が増殖して痒みなどの症状が出てきます。常在菌と言って、健康な女性でも持っている菌なのです。そのため誰でも起こる可能性があります。原因としては疲れた時や、ストレスが溜まった時、妊娠中など身体の免疫力が落ちた時にかかりやすいと言われています。そのため一度治しても、再び免疫力が落ちた時などに再発もしやすいです。温かく湿度の多い場所を好むので、通気性の良い下着なども再発の予防に効果的です。清潔にし、規則正しい生活を心がけましょう。