主に女性がかかりやすいとカンジダって性病の一種なの?

カンジダは性病なのか?

カンジダは性病なのか?

性器カンジダとは、特に女性に多い性器の病気です。性病と勘違いする人も多いですが、カンジダは真菌の一種でもともと人の体に存在している菌です。

性行為をすることで感染することもありますが、性病とは性質が異なるものになります。男性に症状が出ることは少ないのですが、包茎の人は女性と同じようにかゆみなどの症状が出やすくなることもあります。

女性の場合も性器にかゆみの症状が出てくることが一般的です。陰部が熱を持ったように感じたり、性行為の時に痛みが出る、尿が出にくく感じることもあります。

また、おりものがいつもより多くなったり、白くてポロポロする、ヨーグルト状になっているものが出るというのが特徴となります。カンジダが引き起こされる原因は様々なものがあります。

特に免疫力が下がっていると起こりやすく、ストレスや疲労、風邪をひいてしまっているなどの体調不良の時に起こしやすくなってしまいます。免疫力がきちんと働かないことでカンジダ菌が増殖することで起こります。

薬などで免疫力が低下している時も起こりやすい症状です。糖尿病や肥満、ステロイドなどの免疫機能に影響を及ぼす薬を服用していることが問題になります。

抗生物質を使用している時も起こりやすいと考えられます。抗生剤を使用すると身体中の細菌に影響を受けて、膣内の善玉菌も減ってしまうことで膣内のバランスが崩れてしまいなりやすくなることがわかっています。

妊娠中も膣内の菌のバランスが崩れやすくなる状態です。カンジダに感染している相手と性行為をすることもありますが、これは全体の5%程度でかかるとされています。

実際には性病といえるほどの発症率ではなく、免疫を下げてしまうことの方が問題といえます。治療するためには、まず婦人科を受診します。似たような症状が出る病気もあるため、きちんと自分の病気を診断してもらうことが重要です。

治療は一般的に、膣剤を1日1回膣に挿入する方法を1週間程度行います。この治療は毎日通院することが必要ですが、難しい場合には週1回の治療を行う方法もあります。

症状を繰り返してしまうという場合には、内服薬を使用します。また、軟膏やクリームなどの外用薬を塗ることも多いとされています。

治ったとしてももともと体にいる菌が原因ですので、免疫力が低下してしまうと再発する可能性も十分に考えられます。

それを避けるためにも規則正しい生活やバランスのとれた食事、睡眠をしっかりとって免疫力を低下させないことが大切です。