性器カンジダ症は自然治癒できる?ほっといても治るの?

カンジダは自然治癒可能?

カンジダは自然治癒可能?

カンジダの原因菌は、実はデリケートゾーンに常駐しています。ですがデリケートゾーンが不衛生であったり、体力、免疫力が低下しているとこれが異常に繁殖してしまいます。

その結果、感染症となって出てきてしまうこともあります。また不衛生を気にするあまりデリケートゾーンを洗い過ぎると言うのも、本来の状態を崩してしまい原因菌の繁殖を招く原因になることもあるので注意が必要です。

カンジダに感染した場合、その程度が軽度であれば自然治癒することもあります。ただしこの場合でも、体力や免疫力が十分であること、またデリケートゾーンの状態が正しいそれに保たれていることが必要です。

よって生活習慣を見直し、下着の状態などにも気を配ることが求められます。自然治癒した場合には、強い痒みなどの諸症状が数週間程度でおさまっていきます。

ですから反対を言えば、何週間か過ぎても強い痒みなどが残っている、それどころかますます痒みが強くなってきていると言う場合には、自然治癒されていないと言うことです。

このような場合には、早急に医療機関に相談することが求められます。また軽度の場合でも、必ずしも自然治癒するわけではないですから、やはり医療機関を受診した方が安心は安心です。

では自然治癒もせず、医療機関にもかからず放置した場合にはどうなるのかと言うと、症状は当然、悪化していきます。するとデリケートゾーンから強い悪臭が出てくるようになったり、おりものの状態に異変が見られるようにもなります。

それだけでなく、炎症も悪化するので耐え切れないくらいの強い痒みに襲われることも考えられます。それに伴い、デリケートゾーンの皮膚の状態そのものが悪化してしまう恐れもあります。

更に状態が悪化して膣の粘膜にまで炎症が発生すると、もっと大変です。不正出血につながるリスクもありますし、痛みや痒みから排尿に対しての障害が引き起こされることも決して否定はできません。

更にこれが妊娠中の場合には、赤ちゃんにカンジダが感染してしまうと言うリスクも出てきてしまいます。これは命の危機に直結するようなことではありませんが、赤ちゃんの健康を阻害することは確かです。

こうしたことに加えて、もしかしたらカンジダ以外の病気であるかもしれないと言うリスクを見逃していることにもなりかねないので、その点から見ても、異常が見られた場合には放置せずに、早急に医療機関を受診するのがベストな選択です。

市販薬の利用に関しても、デリケートゾーンである以上、やはり医師の指示を受けた方が安心です。